自宅

ネットワークカメラを利用して快適な暮らし~ドキドキ安心の生活~

鍵の歴史

カギ

鍵のこれまでの歴史とは

鍵は2000年以上前から存在していた歴史がありますが、現在のような形になったのは1700年頃のことです。南京錠のようなタイプの鍵が広く利用されていて、鎖などにフックを引っ掛けた上で施錠するというのがスタンダードだったのです。ですがそれでは施錠できる範囲も限られてしまうことから、1700年頃には扉に棒状の鍵を差し込むタイプの鍵が登場したのです。この頃から鍵屋も登場するようになって、修理や設置、メンテナンスといったことを行っていたことが記録されています。1900年代になると鍵屋の種類も増え、鍵の種類も増えましたが、1970年ころからは鍵屋が鍵の複製や靴の修理など複数事業を手がけるようになったのです。現在では鍵屋というとこのようなタイプの業者が大半となっています。

鍵屋の今後の動向とは

これからさき、鍵屋は今以上に様々な業務を手がけるようになるだろうと言われています。なぜならば、鍵の形は変化し続けていて、現在では生体認証やカードを用いた非常に高度なシステムを導入しているケースもあるからです。こうした鍵は鍵屋ではなくそれを製造したメーカーや警備会社などが管理・修理を行うのが一般的です。そのため、今後は鍵屋に依頼して解決できるトラブルも限られてくるだろうと見られているというのが大きな理由です。そこで、鍵屋ガ今後も活動を続けていくためには多方面に事業を展開する必要があるというのが専門家による予測です。警備会社などと提携して、鍵屋を拠点としてセキュリティサービスなども展開されるのでは、とも業界内では言われています。